新年度の始めは交通事故に注意しなければならない!?事故に遭った時の対応は?

2021年04月10日

皆さんこんにちは!
4月に入り、世間は新年度を迎えました。学生では新1年生が新たな場所で新たな出会いと共にこれからの学校生活を過ごし、新社会人の皆様は色々な環境下の中で揉まれながらさらに磨きがかかった人間に成長出来るよう願っております。(上から目線な言葉になってしまい申し訳ございません。)

さて、4月の中旬頃には警視庁側から『春の交通安全運動』が実施されます。
これを行う目的としては

  1. 子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保
  2. 自転車の安全利用の推進
  3. 歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上
  4. 二輪車の交通事故防止 

と言われています。交通安全ポスター(←こちらにポスターのPOPがあります)
我々、西葛西ゼロスポ鍼灸・整骨院がある江戸川区は交通事故の件数が都内でも上位にある区であり、保育園、幼稚園を卒園して小学校に入学した新一年生は集団登校・下校を始めのうちは行なっています。特に集団下校に関してはある期間までは先生や地域のPTAの協力によって一緒に下校しますが、期間が終わったら子供達だけで下校しなければなりません。この時に事故が起こるリスクはかなり上ってしまいます。もちろん、子供達だけでなく大人でも事故のリスクはあります。高齢者での自動車事故が近年増えているのがその例に挙げられるかと思います。
今は車での人身事故だけではなく、自転車でも衝突事故の件数も増えてきています。では、万が一事故に遭った際に皆さんが取るべき行動と我々整骨院グループがどの様に事故に遭った方のケアサポートを行なっていけば良いのでしょうか?

①まず、事故に遭ったら警察を呼びましょう(周りの方々にもお願いした方が良いです)。一番単純な事ですが、事故に遭ったときは気が動転したりして冷静な判断が出来ずにいます。
②加害者の名前、住所、連絡先、車のナンバープレート(自転車は防犯登録番号)、加入している保険(自賠責保険・任意保険)
③事故の状況と目撃者の確認をする。(現場検証などで必要になってきます)
④損保会社とゼロスポ鍼灸・整骨院に電話をする。tel:03-5674-0088

この4点は忘れずに行動を取ってください。
自賠責保険での治療を行うには『整形外科または緊急外来で治療を受けた病院で医師からの診断書をもらう』というのが大事になってきます。原本は警察の方に提出しコピー用紙を整骨院の方に持って来て下さい。これによって保険会社と整骨院で施術や保険申請のやり取りが可能になります。

もし、これを読んでいただき対応が分からない場合は当院へ気軽にご相談下さい。