スポーツ障害

  • ボールを投げると肘、肩が痛い
  • 足首を捻って痛い
  • 歩く、走ると足の裏が痛い
  • 屈伸すると膝が痛い
  • プレイ中、腰が痛い

スポーツ障害は何故起こるのか?

スポーツ障害が起きる主な理由は、オーバーユースです。例えば

・ボール投げ

・バット、ラケットの素振り

・ゴルフクラブのスイング

・ジャンプ

・ボールキック等が挙げられます。

スポーツ障害は

1、特定の筋肉の使いすぎで負荷がかかる

2、度重なるストレスにより炎症が起こる

3、フラジキニンが発生する

4、ポリモーダル受容器に伝達される

5、脳へ痛み信号が伝わる

このようなフローで起きると考えられています。

また、関節可動域の広さ、腱の状態、関節の骨の状態、患部の周囲への悪影響の有無、痛みを誘発する動作等、痛みのある患部を部分的に見るのではなく、様々な方面から身体の状態を細かく確認する事が大切です。当院ではその他にも、身体の使い方、筋力チェック等も行っていきます。

また、他の症状にも共通して言える事ですが、特にスポーツ障害が中々良くならなかったり、悪化したりする場合、痛みがなければ治ったと自己判断して治療を中断してしまうケースがほとんどです。

スポーツ障害を治すには、しっかり完治するまで治療を継続する事が何よりも重要です。

当院のスポーツ障害の施術方法とは?

①問診

・いつから痛むのか

・どのくらい痛むのか

・どんな動きで痛むのか

・日頃の練習量や練習内容

・フォームに問題はないか

・初めての痛みなのか再発したのか

②評価

・関節可動域のチェック

・徒手検査

・筋力チェック

・座位・立位時の姿勢チェック

③施術

・手技による施術

→緊張状態の身体を緩める

→関節を調整する

→炎症を抑える

→再発リスクを低下させる等

様々な効果を期待出来ます。

痛みをなくす事はもちろん、根本的な原因を改善し、再発しにくい身体作りやパフォーマンス向上を目指します。

そのまま放置するとどうなるの?

スポーツ障害を頻繁に繰り返すと

1、硬くなったり、腫れ上がったりと腱に変性が起こる

2、少しの運動だけでも症状が現れやすくなる

3、日常生活の何気ない動作でも痛むようになる

このように悪化してしまい、日常生活にも支障をきたすようになりかねません。

・痛みを感じずにスポーツを心から楽しみたい方

・再発しにくい身体作りをしたい方

・パフォーマンスを向上させたい方

ぜひ、当院にお任せ下さい!