突発性難聴

  • 片方の耳の痛み、閉塞感、圧迫感を感じる
  • 人の話が聞き取りにくい
  • 耳鳴りがする
  • 日頃から疲れやストレスを感じる
  • 病院の薬で改善しない

一般的な「突発性難聴」の原因

突発性難聴の原因としては、すべて解明されているわけではなく、原因がはっきりとしていません。

現在有力なのがウイルス感染説・内耳循環障害説の2つがあります。

 

特に考えられている原因として可能性が高いのは、内耳の血流が悪くなり、栄養が行き渡らなくなります。

すると、うまく脳に音を伝えることがいかなくなるため、急に聞こえなくなると言われています。

 

その血流を悪くする原因の多くは、ストレスと言われています。

特に当院では、首〜肩、背中の筋肉がかたくなることで、耳への血流が悪くなり突発性難聴になると考えています。

 

ストレスを受けることで起こる身体の変化としては、

* 交感神経が過剰に働く

* 血管が収縮(狭くなる)

* 血流が悪くなる

* 筋肉が固くなり、コリにつながる

などがあります。

 

コリができることでさらに血流が悪くなり、肩こりや首のコリが耳への血流を悪くしてしまうのです。

一般的な「突発性難聴」の対処法

症状の程度にもよりますが、突発性難聴の治療としては、まず安静を心がけます。

そして、発症後の神経の腫れを引かせるためにステロイドなどを投与し、その後は血液内の酸素濃度を上昇させる高気圧酸素療法や二酸化炭素混合ガスを吸入し血管を拡張させるといった耳の血液循環を促進させる治療を行います。

これらの治療は通院、または場合によっては2週間程度の入院で行います。

当院の突発性難聴の施術方法

当院では突発性難聴に対してオリジナルの鍼灸施術を行います。

 

耳の異常は多くは腎臓の働きが悪くなっている事で起きます。

また首から耳にかけての筋がガチガチに張っていることが多いものです。

ヒアリングでの生活背景や検査で得た腎臓の機能の働きを確認して、働きを整えていきます。

また肩や首の筋肉に対して刺鍼を行います。

鍼治療の結果、自律神経の働きが回復し、肩首の緊張が和らぎ内耳周辺の血流も改善します。

 

また突発性難聴の多くは各種ストレスの影響を受けて発病する場合が多いと云われています。浅眠や不眠といった睡眠障害、寝ても解消しない慢性的疲労、肩こり、食欲不振といった自律神経失調的な症状を併発している方が多いのですが、鍼灸ではそうした症状に対しても効果があります。

 

聴力が落ちるスピードは一瞬ですが、回復のスピードはゆっくり傾向です。

効率的に効果を出すためには、計画的な施術を行う必要があります。

早期に集中して施術を行うため、当院では1週間に2〜3回の通院をお願いしております。

施術計画は、1ヶ月〜数ヶ月が目安となります。