起立性調節障害

  • 朝全く起きられない
  • 起こされたことを全く覚えていない
  • 立ち上がったとき、めまいを起こすことがよくある
  • 立ちっぱなしでいると、気分が悪くなるときがある
  • 検査では異常はみられず、先生に心ないことを言われどうしたらいいか分からない

一般的な起立性調節障害の原因

一般的には、自律神経の乱れが原因で血圧が上がらず、全身に血液が行き渡らないために症状が起こると考えられています。

 

特に10代の方に多く見られる症状で、寝ている時に働く副交感神経と起きている時に働く交感神経の切り替えがうまくいかず、朝なかなか起きられなかったり、めまい、頭痛、動悸などの症状が起こります。

朝に症状が強く起こるため、学校に行きたいと思っていても、めまいや頭痛により学校に行くことができないという点が特徴です。

なまけているように見られがちですが、実際は自律神経の乱れにより起こってしまう症状なのです。

 

一般的な「起立性調節障害」の対処法は?

 

一般的な病院では、

・漢方薬の処方

・血圧を調整する薬の処方

・カウンセリング

などの対処がほとんどです。

 

もちろんこれらの処置で症状が軽減されるケースもあります。

しかし、

・病院で検査したが異常が見つからず、不定愁訴と言われた

・通院していても、なかなかよくならない

と悩みの方も少なくありません。

 

では、どうすれば起立性調節障害を改善に導くことができるのでしょうか?

当院の起立性調節障害の施術方法

当院では自律神経の不調を改善するには、過度なストレスからの筋肉の過緊張と、生活習慣の乱れによる身体のゆがみが関係しており、この2つを正しい状態に戻す必要があると考えています。

1.筋肉の過緊張

過度なストレスが身体に長期間続くことで、交感神経が常に過剰に働いている状態になり筋肉が過緊張の状態になります。この過緊張の状態が続くと、更に交感神経が刺激され、自律神経のバランスが乱れていきます。また、自律神経節と呼ばれる部分が首にあるため、首回りの筋肉が過緊張することで自律神経のバランスが乱れる原因になります。

2.身体のゆがみ

当院オリジナルのゼロ整体で施術致します。この症状に深く関係がある自律神経は、頸椎(首の骨)~背骨・骨盤に多く通っています。そのため、骨格に歪みがあると、自律神経の伝達がうまくいかなくなり、バランスも乱れて、起立性調節障害を引き起こす原因になります。また、筋肉の緊張は、特定の部位に負担をかけたり、血行不良を生じさせたりして、関節・骨格をゆがませます。さらに、生活が乱れていると、筋肉や骨の低下を促してしまいます。なので身体の疲労を把握し、当院独自の整体技術によって身体のゆがみを調整することが重要です。

3.セルフケア

さらに、当院では自宅でできるセルフケアや、健康的な身体づくりのための生活改善指導を行います。筋肉の過緊張を取り、身体のゆがみを整えても、その身体を作ってしまった生活習慣が変わらなければまた元の悪い状態に戻ってしまいます。このように当院の施術は、骨格のゆがみ調整など根本的アプローチを行いながら、生活習慣のアドバイスも取り入れ、起立性調節障害の症状を改善に導きます。