自律神経失調症

  • ・倦怠感が続き、疲れが取れない
  • ・イライラする。やる気が出ない
  • ・動悸、発熱や発汗で更年期障害があり不安
  • ・寝ていても疲れが取れない
  • ・頭痛、めまい、吐き気がある

自律神経が乱れる原因とは?

1.生活リズムの変化→仕事内容の変化、部署の異動、日中逆転など生活環境の変化で今までリズムが掴めず交感神経、副交感神経がうまく働かない

2.姿勢不良、体質変化、骨盤の歪み→急に太った、仕事内容が動くより座っていることが多くなるなど、内臓の働きが悪くなることにより副交感神経の働きが悪くなることにより身体は疲れやすくなる

3.ストレスや寒暖差・季節変化、→これも自律神経が関わっています。身体の不調により対応しきれず自律神経のスイッチの入れ替えがうまくいかない。

交感神経優位→活発に動く昼間や緊張しているときに働く

副交感神経優位→夜間などリラックスしたいときに働く

この二つの神経がバランスを取り合いながら身体や内臓の調整をしてくれているおかげで毎日過ごせているのです。

一般的な整体や整骨院では良くならないのはなぜか?

筋肉をほぐす・硬い場所を緩めることをしていますが、一時的には良くなりますが個人個人クセがあったり、骨格の歪み、日常生活の送り方など見直す必要があり、生活と内臓の働きに骨格は密接な関係がありますよ。

ゼロスポ鍼灸・整骨院の自律神経失調症の施術方法

当院オリジナルのゼロ整体があります。

骨格の歪み、日常生活の送り方、普段の身体の使い方などしっかりヒアリングを行い姿勢計測を行なった上で視覚的に状態を把握し関節に無理な負荷をかけず中枢神経に働きかけて自律神経の正常化を促す施術を行います。

施術ポイントとしては、首・背中のツボを刺激して症状の改善を促し、筋肉・筋膜の緊張を緩めて血流の正常化と背中のツボを使いお灸で温熱療法を用いて深部から温め、さらに骨格調整で骨盤・肩甲骨の位置調整でバランスを整え症状を繰り返さない状態へ導きます。

このアプローチポイントで東洋医学とゼロ整体で根本治療を行います。

患者さまの声

①頭痛、睡眠障害、倦怠感の悩み 30代 女性

寝気が悪く、寝てもすっきりしない毎日が続いていましたが、ゼロ整体と鍼灸を受けることで日に日に改善し、眠りが改善しました。運動する気も起きなかったのですがウォーキングから始めています。

②吐き気、めまい、片頭痛の悩み 40代 女性

朝起きるたびにめまいやダルさに襲われ、仕事も手がつかずどうすればいいか悩んでいました。ゼロスポさんで治療を行ってから少しずつ良くなってきているので暗闇を彷徨っていましたが、明るい景色が見られるようになってきました。

③イライラ、睡眠障害、食欲不振、肩こりの悩み 50代 男性

20代から肩こりが悩みで頭痛に悩まされ、最近では食欲が出ず、眠れない状況が続いており

肩のこりから来るのではと思いゼロスポさんに通い始めました。

姿勢や日常生活など改善すべき点など細かく教えていただき、食欲が出てきて眠れる日も増えてきました。