四十肩・五十肩

  • 服を着たり、髪を結うときに肩が痛い
  • 最近腕が上がらなくなってきた
  • 夜中寝ているときに肩に痛みを感じる
  • 腕が上がらないせいでやりたいことができない
  • 年齢のものとあきらめている

どうして四十肩・五十肩になるの?

四十肩・五十肩は40~60歳の中高年代に多く見られるもので、腕を満足に上げられない、腕を上げようとすると肩に痛みを感じるといった特徴があります。

レントゲンなどでは異常が見つからず、痛み止めなどで対処している方が非常に多いですが、そのような対処法では根本的な原因にアプローチを行っているわけではないため再発のリスクを常に伴っています。

西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院では四十肩や五十肩は肩関節周辺の筋肉が凝り固まっている事で発生していると考えています。肩は人間の中でも可動域が広く、その分多くの筋肉と関節が複雑に関わり合う構造になっています。

その中のどこか1か所に問題が生じると他の部分に余計な負荷がかかり、段々と動きの悪くなった筋肉の影響を受けて他の筋肉・関節の動きも悪くなっていきます。そのような悪循環が発生した結果、体のバランスが悪くなり腕が上がらなくなっているのが四十肩や五十肩と呼ばれる状態です。

四十肩・五十肩を放置するとどうなるの?

西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院では四十肩・五十肩を引き起こしている原因は筋肉や筋膜のこわばりだと考えています。代表的な箇所としてはアウターの筋肉である『三角筋』、そしてインナーの筋肉である『棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋』になってきます。

これらの筋肉は上の棚や隙間の奥にある物を取るときなどで筋肉を無意識のうちに使っています。四十肩・五十肩になるとそれらの動作で痛みが発生し、動かさなくなっていきます。そうすると筋肉が硬まってしまい肩周囲だけでなく、肩甲骨の動きも悪くなっていき、背中や首の筋肉に負担がかかり硬くなって全身のバランスが崩れてしまうという悪循環が起きてしまいます。

             

このような状態が続いて行くと肩こり・頭痛だけでなく、寝ている時に痛みで起きてしまう夜間痛や筋肉の拘縮によって血管や神経を圧迫し腕や手に痺れや知覚が鈍くなったりするなど、様々な悩みが起こりえます。

四十肩・五十肩の改善・再発を防ぐために必要な施術

西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院では四十肩・五十肩は、筋肉のコリを改善し、体の血流をしっかりと促進することで稼働域を改善することができると考えています。筋肉のコリを取り除くためには、その人の生活や体格によって全く異なる全身のバランスを一人一人にとって負担のかからない最適な状態に整えていくことが必要です。痛みの出ている場所や筋肉のコリが発生している原因を的確に見極め、筋肉・骨格・内臓・関節を正しいバランスにしてあげることで関節の可動域を確保し、四十肩・五十肩が起こりにくい体を作ることができます。四十肩・五十肩に悩まされているという方はお気軽にご相談ください。