テニス肘・ゴルフ肘

  • ゴルフでスイングをすると、インパクトの際に肘が痛む
  • テニスのバックハンドの際に肘が痛い
  • パソコン作業の際などスポーツ以外でも痛みを感じる
  • テニス肘・ゴルフ肘と言われたが特にリハビリなどをしていない
  • スポーツの後、肘に違和感を感じる

テニス肘・ゴルフ肘の原因

テニス肘・ゴルフ肘はスイング時の体の使い方・体の柔軟性などが原因で肘に負担が掛かることで関節唇や腱板・筋肉を損傷してしまう症状です。

ゴルフ・テニスの理想的なスイングでは体全体を使ってボールを飛ばすので肘に過度な負担が掛かるという事はほとんどありません。しかし体が硬かったり。関節の可動域が十分にない状態で運動を続けていたりすると、全身の筋肉をうまく使うことができず。肘の負担が大きくなり最終的にはスイングができないような様態になってしまいます。

テニス肘・ゴルフ肘と思ったら・・・

既に痛みがある場合、筋肉を中心とした肘のコンディショニングを中心に施術を行う必要があります。その間は無理にスイングを行わず、しっかりと肘の状態を回復させることが重要です。

テニス肘・ゴルフ肘の改善・再発を防ぐために必要な施術

テニス肘・ゴルフ肘を改善し再発を防ぐには、体全体の筋肉や関節に対して施術を行い、腕を動かす際に稼働が制限されない状態を作ることが重要です。

稼働域を確保するためには、その人の生活や体格によって全く異なる全身のバランスを一人一人にとって負担のかからない最適な状態に整えていくことが必要です。稼働が制限されてしまっている原因を的確に見極め、筋肉・骨格・内臓・関節を正しいバランスにしてあげることで筋肉のコリを改善し、テニス肘・ゴルフ肘が起こりにくい体を作ることができます。

 また、筋肉・骨格・関節の動き・内臓の位置はそれぞれが密接に関係しており、それぞれに影響を与え合います。ですのでこれらの内何か一つでも悪い時の状態で放置されてしまうとせっかく施術を受けても体は悪い時の状態に戻ってしまいます。西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院では筋肉・骨格・関節の動き・内臓の位置を同じ時期に施術によってアプローチを行い。最適なバランスに体を整える施術を行う事で患者様のテニス肘・ゴルフ肘を改善し、再発を予防します。長い間、テニス肘・ゴルフ肘に悩まされているという方はお気軽にご相談ください。