ヘルニア

  • 整形外科・病院でヘルニアと診断された
  • 体を前屈・後屈させると足がしびれる
  • 立ち上がった時に脚にしびれがある
  • デスクワークなどで同じ姿勢を繰り返すことが多い
  • ヘルニアはどうしようもないとあきらめている

どうしてヘルニアになってしまうの?

ヘルニアは正式には椎間板ヘルニアと呼ばれる症状で腰(腰部椎間板ヘルニア)や首(頸部椎間板ヘルニア)によく発生します。急激に力が加わったり、日常的に同じ動作を繰り返すことで骨と骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板が飛び出してしまい、筋肉や神経を圧迫することで痛みやしびれといったヘルニアの症状は発生しています。

 

の原因は様々だと考えられており、腰椎の変形からくる神経の圧迫や、神経の出口にあたるお尻の部分で筋肉が神経を圧迫していることでしびれ・痛みが発生していると考えられています。しかし、近年になって神経の圧迫そのものが坐骨神経痛を引き起こしているわけではないという事が判明しました。

坐骨神経痛の本当の原因は坐骨神経の周辺に存在している筋肉や筋膜のこわばりだと近年では考えられています。坐骨神経痛という名前がついているせいで神経にかかわる症状だと考えてしまいがちですが、症状が発生している直接の原因は筋肉に存在していることが坐骨神経痛の特徴です。筋肉にコリが発生することで、血流が悪くなり必要な栄養・酸素が筋肉に供給されていないことで坐骨神経痛は発生しています。

ヘルニアを放置するとどうなるのか?

ヘルニアを引き起こしている原因は慢性的な体への負担の蓄積です。筋肉の負担が蓄積していくことで、筋肉のコリが発生しどんどん筋肉が凝り固まっていきます。このコリを放置してしまうと、その箇所は本来行う仕事をしなくなってしまいます。その分の仕事を他の筋肉や骨格が補って行おうとすることで、体の一部に過度な負担がかかり、全身のバランスが崩れていきます。

 そのような状態が長く続くことで腰痛やヘルニアが発生するだけでなく、足のしびれが酷くなった結果歩けなくなってしまう方もいらっしゃいます。

ヘルニアの改善・再発を防ぐために必要な施術

ヘルニアは症状が軽いうちであれば、筋肉のコリを改善し、体のバランスをしっかりと整えることで症状を改善しヘルニアの悪化を防ぐことができます。筋肉のコリを取り除くためには、その人の生活や体格によって全く異なる全身のバランスを一人一人にとって負担のかからない最適な状態に整えていくことが必要です。痛みの出ている場所や筋肉のコリが発生している原因を的確に見極め、筋肉・骨格・内臓・関節を正しいバランスにしてあげることで筋肉のコリを改善し、ヘルニアが起こりにくい体を作ることができます。

 また、筋肉・骨格・関節の動き・内臓の位置はそれぞれが密接に関係しており、それぞれに影響を与え合います。ですのでこれらの内何か一つでも悪い時の状態で放置されてしまうとせっかく施術を受けても体は悪い時の状態に戻ってしまいます。西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院では筋肉・骨格・関節の動き・内臓の位置を同じ時期に施術によってアプローチを行い。最適なバランスに体を整える施術を行う事で患者様の腰痛を改善し、再発を予防します。長い間、ヘルニア・腰痛に悩まされているという方はお気軽にご相談ください。