野球肘・野球肩

  • 投球動作を行うときに肘・肩に痛みがある
  • 病院で野球肘・野球肩と言われたが、痛み止めを飲んで安静にしているだけだ
  • 野球肘・野球肩と言われ野球をあきらめようか迷っている
  • 投球時の痛みやしびれが強くなったり弱まったりを繰り返している
  • 野球肘が治らず困っている

どうして野球肩・野球肘になってしまうの?

西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院では野球肘・野球肩は投球時の体の使い方やそもそもの体・姿勢バランスの崩れから、肩・肘に負荷がかかり続けることで関節唇や腱板・筋肉を損傷してしまう状態だと考えています。

肩や肘の関節そのものが原因で野球肩や野球肘といった問題が発生する事はほぼありません。野球肩や野球肘になってしまう原因は負担のかかるフォームでボールを投げてしまっている事にあります。理想的な投球動作では下半身主導で滑らかに力が伝達していく事で体全体でボールを投げることになります。しかし、体が硬かったり、下半身や体幹・肩甲骨の動きに問題があると、滑らかに力が伝達せず、肘や下半身にストレスがかかります。そのようなフォームで投球動作を繰り返すことで、投球ができないほどの痛みが発生してしまいます。

野球肩・野球肘を防ぐにはどのような施術を受ければいいの?

既に痛みがある方の場合、筋肉を中心とした肘・肩のコンディショニングを中心に施術を行う必要があります。また、投球動作における痛み・しびれは肩・肘そのものに問題があるわけではないので、筋肉・骨格・関節を中心とした全身のバランスと動きをしっかりと見直していく必要があります。

西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院では、肘や肩関節になぜ負担が掛かっているのかを肩甲骨・肋骨・骨盤・股関節の動きを中心に全身の筋力や柔軟性をしっかり確認することで野球肩・野球肘の原因をしっかりと特定し、そのお客様にとって最適なバランスに体を調整していきます。体に負担のかかりにくいその人本来の動きを取り戻していくことで投球時の痛み・しびれを解消してまいります。なかなか良くならない野球肩・野球肘でお困りの方は一度西葛西のゼロスポ鍼灸整骨院にご相談ください。