交通事故の骨折・捻挫のリハビリ

大きな交通事故になれば、骨折や捻挫などの外傷が増えていきます。

 

骨折に対しては、始めに接骨院や整骨院に伺うことは可能ではありますが、レントゲンM R Iなどの検査機器は扱うことが出来ず、骨の異常有無の診断確定が出来ないので、総合病院や整形外科等の医療機関で検査を受けることをオススメします。状態がひどい場合は手術になりますし、それ以外ではギプス固定等での対処療法になります。

リハビリの期間に入ったら病院だけでなく、整骨院でも対応が可能になります。ギプスの固定期間が長くなると筋肉が萎縮し、筋量のバランスが乱れて、関節も動かしにくくなってしまいます。

 

捻挫も同様に、骨折よりも治りは早いですが治療を何もせずに放置してしまうと内出血が筋や靭帯に付着して動かすたびに摩擦のような作用が働き、炎症として痛みを再発するリスクが発生していき、事故前の日常生活を再び送る事が難しくなります。

 

ゼロスポ・鍼灸整骨院は事故前の日常生活に戻すべく、運動を用いた施術や鍼パルスを用いて筋肉の促通運動を促したりしていきながら、筋肉・靭帯・関節を正常な範囲まで戻すサポートをさせて頂きますので、お悩みの方は、ぜひとも当院まで足をお運び下さい。

https://www.zero-spo.com/jiko/muchiuchi/